ゴミ屋敷のゴミの硬さ/川崎|川崎の不用品・廃品・粗大ごみ回収処分【川崎よろずカンパニー】

ゴミ屋敷のゴミの硬さ/川崎

2018年09月06日

gomiyashiki_katai

多くの方が週に1度か2度、可燃ごみを出し処分していると思います。こういったゴミは小まめに処分しないとすぐに溜まってしまいます。1度や2度出し忘れただけでもゴミ袋がいくつも溜まります。しかし、こういったゴミを長年処分していない場合は、ゴミが溜まり、ゴミの上にゴミが重なりを繰り返します。その結果、ゴミ屋敷と呼ばれるようになります。

ゴミ屋敷と呼ばれるようになってしまった場合のゴミは、硬いことが多いです。ゴミの上にゴミが重なる状況が長年続いたことによって非常に硬くなります。

 

清掃の難しさ

今回はゴミ屋敷の清掃のお手伝いをしてほしいとのご依頼でした。ご依頼主様が、長年ゴミ屋敷であったが、日常生活に支障はなくお仕事の都合でまとまった清掃するお時間を確保することが難しかったとおっしゃっていました。しかし、今回転勤が決まりお引越しをされるそうで、引越しに合わせゴミ屋敷を清掃したいとのことです。

ご依頼主様のお住まいのお部屋全てにゴミが溜まっている状況でした。ゴミが硬いため、ゴミを崩しながらの作業となりました。また、夏場ということで臭いもありました。お引越しということで、オゾン消臭で消臭も行わせていただきました。

作業は1日で終了いたしました。

ありがとうございました。