不動産売却のための遺品整理/川崎|川崎の不用品・廃品・粗大ごみ回収処分【川崎よろずカンパニー】

不動産売却のための遺品整理/川崎

2018年12月21日

ihinsei

遺品整理のお手伝いのご依頼です。ご依頼主様の御父様がお亡くなりになられて、10年が経過し、いよいよ平成も最後の年末ということで意を決して遺品整理のご相談をいただきました。

生前、御父様がお住いになられていた戸建を処分するために、まずは遺品整理からとのことでした。

10年も経ちますと、どうしても埃や塵が堆積してまいります。こういった状況下での遺品整理となりますと、ご自身で行うには、なかなか気が遠くなる作業で、困り果てて、ネットで検索してご相談いただいたとのことでした。

段取り八分・仕事二分

お見積りにお伺いした際に、どのような状況か、どれくらいの荷物が残っているか、運び出しの動線の確保はどうすればいいか…など、拝見させていただき、作業当日に備え、準備を進めてまいります。

「段取り八分・仕事二分」という言葉がございますが、遺品整理についてもまさに、この言葉の通り。

遺品整理は「標準化」や「マニュアル対応」が難しいため、事前準備を怠ると、ご依頼主様のお気持ちに寄り添った遺品整理サービスの提供は困難になってしまいます。このため、よろずカンパニーでは、「段取り八分・仕事二分」の意識を大切にしております。

作業はというと、計画通り、5名体制で丸1日で完了いたしました。

ありがとうございました。